樹木写真ギャラリーページ

  1. 樹木写真ギャラリーページ

エビガライチゴ(別名ウラジロイチゴ)

【学名】 Rubus phoneicolasius
【分類】 バラ科キイチゴ属



茎の色は赤紫色、赤褐色の腺毛とトゲがあります、茎の様子を海老の殻に例えてエビガライチゴの名前がつきました



  • 2008.7.1


  • 花時



集合果、美味しいイチゴです、2010.7.30


互生、奇数羽状複葉


仮頂芽と側芽の冬芽、鱗芽、芽鱗は5~9枚、仮頂芽は側芽より小さい(枝先は枯れているときが多い)、側芽は副芽を伴い重生芽になる時もあります、葉柄が残ります





  • 側芽の冬芽、重生芽、葉柄が残ります

  • 果実と核(種子)

  • 茎の先端が地面に着くと発根して子株(丸の中)が出来ます

  • 茎の先端と子株

  • 葉、互生、奇数羽状複葉

  • 葉、表と裏(上)、裏は白い綿毛が密生


▲PageTop