樹木写真ギャラリーページ

  1. 樹木写真ギャラリーページ

マルバカエデ(別名ヒトツバカエデ)

【学名】 Acer distylum
【分類】 カエデ科カエデ属



樹皮の色は暗灰色、成木は網目に浅く裂けます



  • 雌雄同株、総状花序、一つの花序に両性花と雄花が混生します、2011.6.13

  • 両性花が先に咲きます

  • 花時

  • 花時


翼果、プロペラ形、風散布、2011.9.27


対生、カエデ(カエル手)のような切れ込みがありません(ヒトツバカエデの別名の由来)、形が丸いのでマルバカエデの名前がつきました


頂芽と頂生側芽の冬芽、鱗芽、芽鱗は2~4枚





  • 側芽の冬芽

  • つぼみ、撮影は長野県白馬村

  • 両性花が先に咲きます

  • 後から雄花が咲きます

  • 果実、風散布、二つの翼果(プロペラ形、左)が中央で割れて分離し(右)、回転しながら飛散します

  • 黄葉


▲PageTop